つら~い生理痛…なんとかしたい!

低用量ピルで生理痛緩和、プロスタグランジンの仕組み

低用量ピルは、生理痛に大きな効果があると言われています。生理痛の原因でもあるプロスタグランジンの生成が抑制されるからだと言われていますが、低用量ピルとプロスタグランジンの仕組みはどのようになっているのでしょうか。
生理中は子宮を収縮させて子宮内の経血を排出させなければなりません。子宮が収縮した時に痛みを感じることがあり、これが生理痛と言われます。プロスタグランジンは子宮を収縮させるホルモンに似た物質で、微量でも強力な作用があると言われています。さらに人が痛みを感じやすくなる作用や血管を収縮させる作用もあるため、過剰分泌されると生理痛が悪化してしまいます。
低用量ピルには女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンが含まれています。通常はどちらか一方が優勢になりながら交互に働いているのですが、低用量ピルには両方のホルモンが含まれています。両方のホルモンを一度に摂ることでホルモンのバランスを調整する作用が起き、ホルモンの量がほぼ一定に保たれます。その結果生理時の経血となる子宮内膜が厚くなりません。この子宮内膜に生理痛の痛みを引き起こすプロスタグランジンが福間得ているため、子宮内膜が厚くならなければプロスタグランジンの量も減り、生理痛が軽減されるのです。また、経血量が多い人も、量が減るという効果があります。
低用量ピルを飲むことで吐き気、だるさ、頭痛という副作用を感じる人があります。また、ホルモンが安定するまで性器出血がみられることもあります。
日本では低用量ピルは一般での販売はされておらず、婦人科で処方されます。しかし日本での低用量ピルの実績はまだ浅いため、全ての婦人科で処方されるわけではありません。

■人気の低用量ピルの通販です
トリキュラー 通販