つら~い生理痛…なんとかしたい!

喫煙による煙草の煙が生理痛に及ぼす事

生理痛が酷く、その期間は日常生活にも支障をきたすという方も多くいます。
生理痛の重さにはそれぞれ違いがあり、さらに痛みの原因にも多少の違いがあります。
まず出血する時に血管が収縮してそれが強い痛みとして現れるわけですが、お腹が冷えている事によって血管の開きが悪くなり収縮時に強く痛むという人もいれば、骨盤に歪みがありそのために痛みを覚える場合もあります。
いずれにしても子宮周辺の状態を健康的にバランスよく保っておく事が大切です。

喫煙者の女性は生理中に煙草を吸うとさらに痛みが激しくなる事がありますが、これも血管の収縮に関係しています。
煙草を吸うと肺ばかりではなく血管にも作用して冷えが生じ、血液が流れる道を狭くしてしまう場合があり、狭い道を経血が流れる時に痛みとなって現れるという仕組みです。
さらに生理中ではなくても常に喫煙をしている人は子宮を含めて身体全体の血流が悪くなっており、血液循環が悪い事によって身体に冷えをもたらしている可能性が大いに考えられます。
こうなると月に一度の生理では血流が対応出来ずにさらに激しい生理痛をもたらすことになるでしょう。

また子宮内膜症という病気の人は生理痛が酷くなる事が多いですが、こういった婦人科系の病気についても煙草の煙を吸う事によってホルモンバランスが低下する事が原因となる場合があります。
無理に喫煙をやめる事はありませんが、思った以上に身体には悪影響を及ぼしており、それが婦人科系の病気にまで発展する可能性があるという事は知っておく必要があります。
もちろん吸う量が多いほどリスクが高くなりますから、少しずつ減らしていく努力も必要になってくるのではないでしょうか。